◎配信イベント:6月12日19時〜 「コロナ禍を経ての、ビジュアルシンカーの仕事と人生」 登壇:櫻田潤、清水 淳子
GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
Preview
Preview

GRAPHIC DESIGN THEORY
グラフィックデザイナーたちの〈理論〉

Share
Preview
  1. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  2. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  3. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  4. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  5. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  6. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  7. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  8. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
  9. GRAPHIC DESIGN THEORY グラフィックデザイナーたちの〈理論〉
¥2,640 (税込み)

Description

デザインが技術でしかないのなら、デザインは必要とされても、デザイナーは必要とされなくなる。
今この時代に「どのようなデザインをすべきか」を考えるきっかけのために本書がある。
—— ばるぼら(日本語版序文より)


本書には、100年にわたるデザインの潮流から、伝説的ともいえるグラフィックデザイナーたちの〈理論〉が収められています。自らが生み出すビジュアルと、それを裏打ちする思想や理論をもとに、社会の中であるべき「デザイナー」の姿を思索する——その鋭く、そしてときには挑発的な視点から紡ぎ出された彼ら自身の言葉が抜粋された、合計30人による24のアンソロジーです。

誰もが「デザイン」し、共有し、社会にインパクトを与えられる時代で、「デザイナー」であるとはどういうことなのでしょうか。本書からは、そうした問題の歴史的な流れだけでなく、デザイナーたちの考え方から多くの示唆が得られます。彼らの言葉を受け止めつつも批判的に読むことは、どんなデザイン/デザイナーであるべきかという思想に、そして、その先の技術にまでつながることでしょう。

※本書は既刊『未来を築くデザインの思想-ポスト人間中心デザインへ向けて読むべき24のテキスト』と合わせた2部作となっています。

ISBN:978-4-8025-1060-8
定価:本体2,400円+税
仕様:A5判/224ページ
発売日:2017年07月24日
著者:ヘレン・アームストロング
訳者:小川浩一
デザイン:中西要介

Profile

ヘレン・アームストロング
ヘレン・アームストロングは現役のグラフィックデザイナーであり、ノースカロライナ州立大学のグラフィックデザインコースの准教授を務めている。教育者としては過去に、ミシシッピー大学、テネシー大学、メリーランド大学、メリーランド芸術大学(学部生や大学院生にグラフィックデザイン理論を教える)で授業や講演を行なった。イギリス文学の修士号、出版デザインの修士号、グラフィックデザインの芸術修士号を取得。教育活動に加え、アームストロングはStrong Design 社を経営しており、代表兼クリエイティブディレクターとしても活動している。クライアントは、Sage College of Albany、USInternetworking、New College of Floridaなど。彼女がデザインした作品は、国内外のさまざまな賞を受賞している。彼女の作品は『HOWInternational Design Annual』『Complete Typographer』『TheTypography Workbook』など、アメリカおよびイギリスの出版物に多数掲載されている。

Contents

作品から見る理論:
 SECTION 1
 SECTION 2
 SECTION 3

日本語版序文:「デザイナー」であるために|ばるぼら
序文:なぜ理論なのか?|エレン・ラプトン
イントロダクション:アヴァンギャルド再考
年表

● SECTION 1:領域を切り開く
未来派宣言|F・T・マリネッティ(1909年)
我々は何者か:構成主義者グループの宣言|
 アレクサンドル・ロトチェンコ、ワルワーラ・ステパーノワ、
 アレクセイ・ガン(1922年頃)
私たちの本|エル・リシツキー(1926年)
タイポフォト|ラースロー・モホリ=ナジ(1925年)
新しいタイポグラフィ|ヤン・チヒョルト(1928年)
クリスタルゴブレット:あるいは印刷が目に見えないものであるべき理由|ベアトリス・ウォード(1930年)
タイポグラフィについて|ヘルベルト・バイヤー(1967年)

● SECTION 2:築かれた成功の上で

デザイニング・プログラム|カール・ゲルストナー(1964年)
グリッドとデザイン哲学|
 ヨーゼフ・ミューラー=ブロックマン(1981年)
良いデザインは信用である|ポール・ランド(1987年)
ラスベガスから学ぶこと:建築の形態における忘れられた象徴主義|
 ロバート・ヴェンチューリ、デニス・スコット・ブラウン、
 スティーヴン・アイゼナワー(1972年)
我がタイポグラフィへの道|ウォルフガング・ワインガルト(2000年)
言説としてのタイポグラフィ|
 キャサリン・マッコイ、デヴィッド・フレイ(1998年)
抵抗としての工芸|ロレイン・ワイルド(1998年)
階段中程の暗闇|ポーラ・シェア(1989年)

● SECTION 3:未来を描く

アンダーグラウンドなメインストリーム|
 スティーヴン・ヘラー(2008年)
デザインと再帰性|ヤン・ファン・トールン(1994年)
デザイン・アナーキー|カレ・ラースン(2006年)
作者としてのデザイナー|マイケル・ロック(1996年)
自分の墓をデザインする|ドミトリ・シーゲル(2006年)
画面空間の脱物質化|ジェシカ・ヘルファンド(2001年)
デザインのデザイン|原研哉(2007年)
IMPORT / EXPORT:デザインのワークフローと現代美学|
 レフ・マノヴィッチ(2008年)
普遍的世界の逆襲|エレン&ジュリア・ラプトン(2007年)

用語解説
出典
参考文献
図版クレジット
テキストクレジット
索引

Related Books