春の 《送料無料キャンペーン》 実施中 !
TRPGのデザイン
Preview
Preview

TRPGのデザイン

Share
Preview
  1. TRPGのデザイン
  2. TRPGのデザイン
  3. TRPGのデザイン
  4. TRPGのデザイン
  5. TRPGのデザイン
  6. TRPGのデザイン

Description

TRPGのビジュアルづくりに役立つ、効果的なデザインのアプローチが学べる一冊。

ルールブックやシナリオを創る人、デザインする人、セッション用素材を作る人、キャラクターを描く人などなど、セッションを視覚化して楽しむ人たちに向けた、デザインガイドが登場です。

Chapter 1では「デザインの基本」として物語を盛り上げる配色や作字のコツを紹介。続くChapter 2では「デザインのポイント」として架空の事例でトレーラーやルームデザイン、本文レイアウトの考え方を解説します。

Chapter 3「デザインのアイデア」には、美麗な作品実例+人気サークルやデザイナーなど制作者インタビューが満載。国内のシナリオ・ルールブックに加え、MalströmのMontro氏に未邦訳の海外作品をデザインの観点でレビューしてもらいます。

さらにChapter 4では切り離せないBook in Bookとして「マーダーミステリーのデザイン」を豪華収録。マーダーミステリーならではのデザインのポイント、デザインのアイデアを凝縮して伝えます。

ISBN:978-4-8025-1251-0
定価:本体2,500円+税
仕様:B5判変型/184ページ
発売日:2023年05月24日
編集:BNN編集部
デザイン:倉持美紀

Contents

TRPGの現在
TRPGのシステムいろいろ
TRPGのシナリオいろいろ
TRPGの遊び方
TRPGで準備するもの
TRPGの用語集

Chapter 1 デザインの基本

1-1-1 フィジカル(物理)版
1-1-2 デジタル(データ)版
1-2 デザインの6つのステップ
1-3-1 デザイン/イラストを依頼する
1-3-2 デザイン/イラストの依頼を受ける
1-4-1 ムードをつくる色
1-4-2 光と影
1-4-3 絵×デザイン
1-4-4 キャラクターイラスト×デザイン
1-4-5 装飾×デザイン
1-4-6 写真×デザイン
1-4-7 テクスチャ×デザイン
1-4-8 可変する書体
1-4-9 読みやすさと限界
1-4-10 素材を探す/使う
1-4-11 素材を作る
1-4-12 印刷物の仕様
1-4-13 頒布データの仕様

Chapter 2 デザインのポイント

2-1-1 タイトルロゴ
2-1-2 メインビジュアル
2-1-3 ハンドアウトまとめ
2-1-4 導入、キャッチコピー
2-1-5 概要
2-1-6 表紙
2-1-7 本文
2-1-8 探索マップ
2-1-9 セッションルーム
2-1-10 その他の画像
2-2 動画による演出
2-3 セッションツールほか

Chapter 3 デザインのアイデア

Interview あけ
Interview nzworks
Interview ハッカ雨
Interview ねこずし卓
シナリオのデザイン実例
遊び手が生み出すデザイン
国内のTRPG
(Interview かりかりうめ)
海外のTRPG

Chapter 4 マーダーミステリーのデザイン

4-1 マーダーミステリーとは
4-2 マーダーミステリーの遊び方
4-3 マーダーミステリーで準備するもの
4-4 マーダーミステリーの用語集

4-5 マーダーミステリーのデザインのポイント
4-5-1 タイトルビジュアル
4-5-2 導入
4-5-3 キャラクター選択
4-5-4 ハンドアウト
4-5-5 読み合わせ資料
4-5-6 GMガイド
4-5-7 カード
4-5-8 セッションルーム
4-5-9 パッケージ

4-6 マーダーミステリーのデザインのアイデア
Interview 週末倶楽部
Interview まだら牛
Interview いとはき
シナリオのデザイン実例

Errata

初版第1刷
p.004 目次
Contents Chapter1
デザインの基本 
誤:022 1-3-2 デザイン/イラストの依頼を受ける
正:024 1-3-2 デザイン/イラストの依頼を受ける 
p.004 目次
Contents Chapter4
マーダーミステリーのデザイン
誤:147 4-4-6 GMガイド
正:147 4-5-6 GMガイド
p.011 TRPGで準備するもの
参考資料
誤:
GMは世界線や各シーン、NPCやモンスターの情報、プレイヤーはキャラクターの設定の詳細などをいつでも確認・肉付けできる資料を手元に用意しておくとよい。 正:
GMは世界観や各シーン、NPCやモンスターの情報、プレイヤーはキャラクターの設定の詳細などをいつでも確認・肉付けできる資料を手元に用意しておくとよい。
p.047 上 図版誤:海と幻想-誤
正:海と幻想-正
p.100 作品クレジット誤:
シナリオ:文町(らふそく通信) / デザイン:竹田ユウヤ / イラスト:つごもりサク / DTP:文町 正:
シナリオ:文町(らふそく通信) / デザイン:竹田ユウヤ(K.K.69)
p.104 キャラクター立ち絵誤:画像 画像
正:画像 画像
p.117 終末紀行RPG World's End Journey誤:SCENARIO
正:RULEBOOK
p.125 右下誤:(執筆者なし)
正:Montro
p.134 TORQ: rallyraid roleplayin誤:TORQ: rallyraid roleplayin
正:『TORQ: rallyraid roleplayin』
p.139 マーダーミステリーで準備するもの
密談スペース
誤:
シナリオによってはプレイヤー同士が秘密裏に相談したり情報共する場が必要になる。 正:
シナリオによってはプレイヤー同士が秘密裏に相談したり情報共有する場が必要になる。
p.145 右下 POINT誤:
タイムラインとキャラクターミッションは多くのシナリオハンドアフトに共通する要素だ。 正:
タイムラインとキャラクターミッションは多くのシナリオハンドアウトに共通する要素だ。
p.168 上 図版キャプション誤:▲ココフォリアルーム
正:▲ココフォリアルーム(サンプル)
p.168 右下 図版キャプション誤:▲調査ポイント、マーカー、カード
正:▲調査ポイント、マーカー、カード(サンプル)
Related Books